グリーンチャンネル「先週の結果分析」でしっかり復習しようのブログ

先週行われたレースをしっかり復習することによって競馬力を高めるブログです。

2017年4月17日放送分「先週の結果分析」の復習

皆さんこんばんわ!!


先週は牡馬クラシック第一弾

皐月賞がおこなわれ、、、

9番人気のアルアインが直線抜け出し勝利!!

時計も1分57秒台後半と速かったでしたね...


今年の桜花賞も皐月賞も共に人気薄の馬達が

勝利をもぎ取りました。。。


クラシック2戦とも馬券の方はさっぱりでした(泣)


でも、、、

気を取り直してクラシック第二弾!!

オークスとダービーはどの馬が勝利を手にするのか??

馬券の連敗を止めるために今からジックリ予想していこうと思います!!



ブログランキングにも参加登録してます。
現在70位から120位くらいをウロチョロしてます・・・
↓↓良かったらポチっとお願いします!!↓↓






では、第3回中山第7日・8日の復習からスタートです。

中山芝 
中山ダート 
※下記表中の赤文字の馬名表記は番組注目馬・勝ち馬次走上位候補・
  今週の厳選推奨馬で、青文字の馬名表記は今週の危険馬です。


中山 芝

4月16日(日) 11R 2000m 3歳OP
皐月賞(GⅠ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-1.1秒

着順馬名タイム・着差
1着アルアイン1.57.8
2着ペルシアンナイトクビ
3着ダンビュライト3/4
4着クリンチャー1 1/4
5着レイデオロクビ
6着スワーヴリチャードクビ
7着ファンディーナクビ
9着カデナ
コメント
1着1800mまでしか経験がなかったが、2000mを
こなした。ただこういう高速決着の皐月賞は
ロゴタイプの勝った時もそうだったがマイラー
タイプが好走しやすい。ダービーでは買いたく
ない。
2着勝ち馬と同様に1800mまでしか経験がなかっ
た。マイラーが好走しやすいペースや馬場に
なった事が幸いしたと思うが、それ以上にこれ
ぞGⅠのデムーロという巧みなコース取りが目
立った。上手くいきすぎた感はあるのでダービ
ーでは半信半疑とする。
3着外からファンディーナをマークして競り潰す様
なレースをしているように見えたが、これまで
この馬自身が外から外から被されると怯んで
下がっていた。なので外から被されないレース
をしたのだと思う。ただ先週までとは違い馬場
が内有利になっていた。
4着先行馬にとって楽ではないペースを4C先頭。
人気がなかったし、ダービーでも人気になら
ないと思うが、これは好内容の4着だと思う。
5着休み明けで皐月賞となったが結局急仕上げ
というか直前に強い追い切りをした。その時
点で万全の内容ではなかったのだろうと思
う。
6着2番人気。4Cで外を回って追い上げようとし
ていたが、そこで内を回って上がって行く馬
も多いうえに、この馬が逆手前で走っていて
外へ外へと膨らんで行ってかなりロスが大
きかった。レース前からある程度予測できた
が中山は合わない。東京で巻き返しを期待
できる。
7着1番人気。ペースが緩まない2000mでは牝
馬の切れ味を活かせず苦しいよう。体重が
デビュー以来減り続けていた事もいい材料
ではなかった。
9着初めての速い流れで終いの伸びを欠いた
印象もあるが、このペースでも向こう正面で
行きたがっていた。東京コースの方がいいと
思うが、距離が延びていいとは思わない。



4月15日(土) 4R 2000m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.8秒

着順馬名タイム・着差
1着マイネルヴンシュ2.00.4
2着プレシャスブルー1/2
3着ヴァッラータ4
コメント
1着昨年11月のデビュー戦と比較すると体重が26
㎏減っていたが絞れて走れる体になって来た
という事だろう。ステイゴールド産駒はふっくら
としているよりも細く見える位の方が走ることが
多い。おそらく中山の平均ペースが合うタイプ
なので昇級して東京のSペースだと半信半疑
ではある。
2着勝ち馬と同じく細身の馬。パワーのあまり必要
のない馬場になった事が最大の好走要因だと
思う。次走東京の良馬場なら有力だと思う。
3着小さなステイゴールド産駒だが、逃げた事も
良かったと思うが、パワー勝負でない馬場な
らこの位は走れるという事だと思う。



4月16日(日) 8R 2000m 古1000万
鹿野山特別
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.8秒

着順馬名タイム・着差
1着テオドール1.58.7
2着カラビラ3
3着ソールインパクト1/2
コメント
1着前走中山1800mで前半1000mが1分3秒7と
いう超Sペースにハマって5着だったが、やや
Sペースに収まった今回は前回より位置取り
も前になり直線で楽々と突き抜けた。能力そ
のものは1600万下でも通用しそうだが、中山
で2勝、函館で1勝、東京では5走して勝って
いないという典型的なハービンジャー産駒の
成績なので東京だと割引が必要だと思う。
もっとも狙いやすいのは夏に降級して函館
に出走してきた時。
2着初めての中山だったが素晴らしい伸び脚だ
った。これまで函館と中京で好走してきたの
で中山が合いそうなのは読めたが、超高速
馬場でも好走出来た事は収穫だと思う。
3着中山ではいつも上位に来るがあと一歩が
足りない。



4月16日(日) 4R 2200m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.5秒

着順馬名
4着エスティーム
コメント
4着4Cでペースアップした時にいきなり手応えが
悪くなって更に一旦前が詰まって直線でも
伸びそうで伸びないままだったが、この後
ゴール近くになって後ろから複数の馬が一
気に迫ってくると一気に伸びた。あの態勢
あの手応えから最後に伸びるという事は
要するにそれまで本気で走っていないと
いう事。ダートを試したりブリンカーを着
けたり陣営も試行錯誤しているが、長め
の距離なら気を抜く面をカバー出来そうだ
と思える今回の内容だった。東京の超Sペ
ースから瞬発力勝負だと厳しいが、小回り
コースの2600mとかそういう条件で本領
発揮になると見る。



中山 ダート

4月16日(日) 5R 1800m 3歳500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-1.2秒

着順馬名タイム・着差
1着サクレエクスプレス1.53.6
2着チリーシルバー1
3着クインズウィンダム1 1/4
4着トラネコ2 1/2
コメント
1着父がクロフネで母がダートの重賞勝ち。初めて
のダートでもダートの方が合っているという事
は大体読めていた。印は対抗としたがその通り
の結果となった。3歳春のダートOPは強いメン
バーが揃いやすいので昇級してすぐに通用す
るかどうかは微妙だが例えば夏の1000万下
なら通用するレベル。
2着初ダートだったがほぼダート馬ばかりのマリブ
ムーン産駒。こちらもダート向きである事は読
めていたので本命だったが、マリブムーン産駒
は1600mを超えると一気に成績が下がるので
今回のポイントはダートの距離だと思っていた。
最後に競り負けたのは距離適性の差という感
じがする。次走はおそらく東京でダート1600m
以下のはず。それなら条件に不満がないので
勝つ確率は高いと思う。
3着自身の完全タイム差はマイナスで次走も上位
候補であり、普通の組み合わせなら勝機もあ
る。
4着自身の完全タイム差はマイナスで次走も上位
候補であり、普通の組み合わせなら勝機もあ
る。



4月15日(土) 3R 1800m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.2秒

着順馬名
10着フラッグアドミラル
コメント
10着スタートでガクンとトモを落としてしまい、全く
ダッシュがつかず、ほぼ最後方に置かれて
しまった。その後3Cから追い上げを試みたが
悪い事にここでペースが上がってしまい差を
詰めることが出来ず、ただ脚を使っただけに
なってしまった。ダートの短距離では前に行
けなかった馬だが、初めてダート1800mに
出走した前走は先行出来ており、今回の出
遅れて後方からになったレースは一過性の
もの。本来の先行策をとれれば次回巻き返
えせるはず。東京だと距離の選択が難しい
と思うが、新潟1800mならイメージに合う。




続いて第2回阪神第7日・8日の復習です。

阪神芝 
阪神ダート 



阪神 芝


4月15日(土) 5R 1400m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.7秒

着順馬名タイム・着差
1着コパノピエール1.21.6
2着デリスモアアタマ
3着イェーガーオレンジハナ
コメント
1着2頭で並んで先行したが、内側にいて4Cでは
並走馬を振り切って単独先頭。当然の権利と
して最内を通って押し切った。先週2つ目の
レースで内を通った利は大きく勿論タイムは
優秀だが、割引いて考える必要はある。
2着1着馬・3着馬よりかは外にいたが直線で徐々
に内に寄りながら伸びた。先週2つ目のレース
で内を通った利は大きく勿論タイムは優秀だ
が、割引いて考える必要はある。
3着コパノピエールの後ろから最内を通って伸び
た。先週2つ目のレースで内を通った利は大
きく勿論タイムは優秀だが、割引いて考える
必要はある。ダイワメジャー産駒だけに京都
1600mよりも阪神1400m向き。前走9着から
前進した要因の一つはコース適性や距離適
性だと思うが、最大の好走要因は土曜の前
半の芝で最内を通れた事だと思う。トラック
バイアスに助けられた好走と見てタイムが
優秀なのは百も承知で次走危険馬とする。



4月15日(土) 4R 1800m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.1秒

着順馬名
5着エイシンクリック
コメント
5着1着・2着馬は外回りの合流地点を利用して最
内から差して来た。これと対照的にエイシンク
リックは後方から一番外を回しての追い込み
になった。ただでさえ距離損している上に、
内の馬場状態がいいのだからお手上げだっ
たが、特にラスト200mは良く伸びている。
まだ2戦目だがデビュー当時よりも体が絞れ
て切れ味が出てきた。近いうちに勝ち上がれ
ると見た。



4月15日(土) 8R 2200m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.1秒

着順馬名
2着アグネスリバティ
コメント
2着10頭立てなので外を通ったと言ってもたかが
知れてるが、結構外を通っている。更に今回
休み明けで太目残りだった事も含めてこのク
ラスでは力上位である事を示したレース内容
だと思う。ここから始動して北海道シリーズ
狙いだったのかもしれないが、このレースぶ
りを見ると次に京都であっさり勝つような気
がする。



4月15日(土) 10R 1800m 古1000万
蓬莱峡特別
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.1秒

着順馬名
3着ショウボート
コメント
3着いつもこういうレース運びだし、外枠なので
中々内には入れない。外回りなので一か八
か直線で内を狙う手もなくはないが、下手に
内を狙って詰まったら最悪なので外へ行っ
た。差し切れそうな勢いで伸びては来るが
最後の最後に内の馬がグイッと伸びて届か
なかった。そもそも超Sペースで前が有利だ
った上に内の馬場状態が良いのでは差し馬
の出番はなかったという事だが、僅差の3着
なら力を見せている。



4月15日(土) 9R 2000m 3歳500万
はなみずき賞
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.7秒

着順馬名
7着メルヴィンカズマ
コメント
7着内枠でもあり内をずっと回ってきて直線でも
最内を狙ったが前が詰まり何も出来ずにほ
ぼ馬なりのままゴールとなってしまった。
前が詰まっていなければもっと上位に来て
いたかが問題となるが、来ていただろうと
思う。その根拠はアドミラブルから0.4秒差
だった未勝利戦。この時の勝ったアドミラブ
ルの完全タイム差は-2.1秒であってメルヴ
ィンカズマはこの時点で500万下の勝ちタ
イムぐらいで走っていた。




阪神 ダート

4月15日(土) 6R 1800m 3歳500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-1.3秒

着順馬名タイム・着差
1着クイーンマンボ1.51.2
2着テンザワールド2
3着ミキノトランペット1/2
4着ブルベアパンサー2 1/2
8着ナンヨープルートー
コメント
1着前走Eランクで勝ち上がったが、一気に時計
を詰めた。馬場差を含めて3秒1も詰めている。
前走が楽勝だった事と馬体が絞れて素軽さが
増した事が要因だと思うが、それにしても驚く
レベルの時計短縮。成長力が凄いのだろう。
3歳春のダートOPは簡単には通用しないメン
バーになりやすいが、まだまだ伸びそうなの
でOPでも好勝負になりそう。
2着距離を伸ばして先行出来て砂を被らないレ
ースが出来た事で一変した。次走も同じだ
け走ればかなり有力。
3着スタートが良くなってきてレース内容も安定
してきた。
4着揉まれるレースだと良くないが、ハナを切っ
て気分良く運ぶと好走する。ただ今回は相
手が強かった。
8着1番人気。前に行こうとしていたが行けずに
8着だった。おそらく時計勝負のダートは合
わないのだと思う。



4月15日(日) 2R 1200m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.3秒

着順馬名タイム
1着スズカアカデミー1.12.1
7着グランドロワ
コメント
1着完全タイム差は2着だった前走と同じで同じ
だけ走って7馬身差の圧勝だった。7馬身差
つけたのは相手に恵まれたからだが、前走
と同じだけ走ったと言っても前走より余裕の
ある内容であり、更なる時計短縮は可能と
見る。ダートで先行した時は崩れていない
ので昇級しても先手を取れるようなら上位
可能だろう。
7着前回番組注目馬。いかにも休み明けという
止まり方だったが、それ以前に大トビなの
でダートの1200mが合わないのかもしれ
ない。ダートそのものが問題ないとしても
1400mの方が良さそう。



4月15日(土) 11R 1800m 古OP
アンタレスS(GⅢ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.7秒

着順馬名タイム・着差
1着モルトベーネ1.49.9
2着ロンドンタウン2
3着ロワジャルダンクビ
4着リーゼントロックハナ
9着グレンツェント
コメント
1着じわりじわりと力をつけてきたという印象だが
今回のようにある程度早い時計が出る馬場
だと好走確率が高い馬。今回は馬場も合っ
ていたし直線で抜け出す時もロスがなかっ
た。
2着馬群から抜けるのにちょっと手間取ってエン
ジンが掛かったのは最後の最後。もう少し
距離があった方が良さそうな印象がある。
3着最内から鋭く伸びて来た。57㎏以上背負っ
て重賞で3着に来たことがあるが、56kgの
時は伸びが鋭くなって違ってくる。
4着叩き良化型らしく使いつつ上昇してきた。
休養明け4走目となる次走はもっと動けそ
う。
9着1番人気。向こう正面ではもう追い通しでダ
メだなという感じだったが、前走から一気に
3㎏も増えて初めて経験する58㎏というの
が堪えたのではないだろうか。



4月15日(土) 7R 2000m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.5秒

着順馬名タイム
1着ジョーダンキング2.05.3
コメント
1着1800mの前走は猛然と追い込んで2着。番組
注目馬としていたが、2000mの今回も追走は
楽ではなかった。それでも押しながら4Cで追
い上げ、直線での伸びは他馬とクラスが違う
という感じだった。追走が楽ではないのはお
そらく気を抜いているからで今のままだと昇
級してペースが上がるとさらに追走に苦労し
そうだが、まだ能力全開になっていない。本
気で走るようになれば1000万下でも通用す
るだろうし、その後もっと出世しても不思議
ではない。その位直線の伸びに迫力があっ
た。




最後に第1回福島第3日・4日の復習です。

福島芝 
福島ダート 



福島 芝

4月15日(土) 8R 1200m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.6秒

着順馬名
2着ゲンキチハヤブサ
コメント
2着直線で勢いよく伸びて来るが、内からヨレて
来て外へ出てきた馬と接触しそうになって
行ったブレーキを踏んでて立て直すロスがあ
った。着差が着差だけにスムーズに追えてい
れば差し切っていたと思う。間隔を詰めて使
い詰めになる事が多い馬だが、実は間隔を
空けた方が好走する確率が高い馬。従って
休み明けで2着だから次走は狙えるとは言
えないが、勝つだけの脚がある事は見せた。
平坦コースの1200mで間隔が空いている
時に狙いたい。




4月15日(土) 12R 2000m 古500万
浄土平特別
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.1秒

着順馬名
8着メイショウフェイク
コメント
8着手応えよく回って来て直線で伸びそうだったが
前が壁になり一旦下げて外へ出すことになっ
た。外へ出してからは良く伸びていて、初めて
の芝だったが芝でもやれそうな印象を受けた。
さすがに上がり33秒台を要求されると厳しい
が、上がりのかかる馬場や展開なら一発が
ありそうで、馬場が合いそうなのは函館の洋
芝だと思う。




福島 ダート

4月15日(土) 3R 1700m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.2秒

着順馬名
6着ディーエスファニー
コメント
6着スタート直後にヨレてしまって前に行けず3C
では最後方になっていたが、4Cで外を回っ
て追い上げて直線もしっかり伸びている。
デビュー2戦目で今回が初ダートだったが、
この走りを見るとダートの方が合っているし
1勝するだけの能力がありそうなレース内容
だった。少しでもスタートが速くなり中団で進
められるようになれば何とかなりそう。次走
も人気にならないと思うので穴候補としてチ
ェック。




4月15日(土) 9R 1700m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.2秒

着順馬名タイム
1着アポロノホウリン1.46.9
コメント
1着先行有利とされる福島ダート1700mで逃げ
切っただけに見えるが、900m通過55秒5と
いうのは実は楽なペースではない。結果的
に行った行ったになってはいるが差してくる
馬がいなかったという事だけでこのペース
で逃げて2番手追走のケルンウィナーを突
き放しているのだから強い勝ちっぷりだっ
た。これまでダートではずっと1400m以下
に出走していたが1700mで先行すると強
さを発揮する事が判った一戦だった一戦
だった。人気薄での勝利だが小回り1700
mなら今後の注目。




馬券Summary
中山1600mは1400mに近い


では今週も仕事がんばりましょう!!


ブログランキングにも参加登録してます。
現在70位から120位くらいをウロチョロしてます・・・
↓↓良かったらポチっとお願いします!!↓↓




スポンサーサイト

2017年4月10日放送分「先週の結果分析」の復習

皆さんこんばんわ!!


先週は牝馬クラシック第一弾

桜花賞が行われ、、、

8番人気のレーヌミノルが勝利しました!!

1400mまでの馬と思っていましたが、、、

あの馬場の適性が一番高かったのでしょうね!!


不動の1番人気ソウルスターリングは直線伸びずに3着。。。

見るからに走りにくそうにしていましたね。

次走良馬場で再度期待です!!


今週は混戦と噂される皐月賞。。。

先週の借りを返すためにしっかり復習させて頂きます(笑)




ブログランキングにも参加登録してます。
現在70位から120位くらいをウロチョロしてます・・・
↓↓良かったらポチっとお願いします!!↓↓






では第3回中山第5日・6日の復習からスタートです。

中山芝 
中山ダート 
※下記表中の赤文字の馬名表記は今週の番組注目馬・勝ち馬次走推奨馬・
厳選推奨馬で、青文字の馬名表記は今週の危険馬です。


中山 芝

4月9日(日) 10R 外1600m 古1000万
隅田川特別
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.6秒
着順馬名タイム・着差
1着エクラミレネール1.35.9
2着リンクス7
コメント
1着馬場状態を考慮すると遅くはない流れだが、
2番手を抑えるのに苦労する程の手応えの
良さだった。直線入り口付近から騎手が何
度も後ろのリンクスを確認していたが、結
果的にはあっという間に突き放して7馬身
差の圧勝だった。これは馬場適性の違い
としか言いようがない圧勝劇で昇級して
良馬場では苦労しそうに思うし、夏に1000
万下に降級してきても良馬場では狙いにく
いが、かなりの道悪巧者である事は覚えて
おきたい。
2着突き放された2着だが馬場状態を問わず
安定しているのは確かで次走も上位候補。



4月8日(土) 11R 外1600m 3歳OP
ニュージーランドT(GⅡ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.5秒

着順馬名タイム・着差
1着ジョーストリクトリ1.36.0
2着メイソンジュニア1 1/4
3着ボンセルヴィーソハナ
6着スズカメジャー
8着クライムメジャー
コメント
1着結果的に距離損のない最内を通ったのが良
かったという事だが、かなり傷んでいる最内
を突いて伸びたのだから道悪適性の高さだ
ろう。次走が東京の良馬場だと狙いにくい。
2着好スタートを切って下げたりせず行ってしま
ったのが正解だったと思う。東京で同じレー
スをして粘るのは難しいがマイペースの先行
なら距離は持つと分かった事が収穫だろう。
3着不利な大外枠だったが、さっと2番手につけ
ているので枠の不利はそうなかった筈。
ずっと緩い流れの先行策で好走していてあ
まり強さを感じさせないが、今の芝のレース
スローになるのが普通なので無理せず先行
出来て崩れないというのは大きな長所とな
る。
6着2番人気。このペースで4Cで位置取りが下
がってしまうという最悪の展開になりながら
良く伸びていると思う。
8着1番人気。これまでは掛かり気味に先行す
るような馬だったのに、今回は4Cでも動い
て行けなかった。敗因はよく判らないという
のが正直なところ。



4月8日(土) 5R 2000m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.2秒

着順馬名タイム
1着ヘリファルテ2.04.3
コメント
1着初出走だった事もあってスタートは速くなく、
押してポジションを上げていき、4Cではか
なり鞍上が追っていたが本当にエンジンが
掛かったのは最後の200m位。そこからグン
と伸びてまだ余裕があった。中々エンジンが
かからなかったのは今回が初めてのレース
だった事もありそうだが、おそらくこういう緩
い馬場が得意ではない。良馬場ならもっと
伸びる筈で、ここまでデビューが遅れただけ
に使っての反動というのは心配だが能力そ
のものは5000万下でも楽に通用すると思
う。



中山 ダート

4月8日(土) 6R 1800m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-1.3秒

着順馬名タイム・着差
1着ニーマルサンデー1.52.0
2着オールデン3 1/2
3着ペイシャリルアタマ
コメント
1着順当勝ち。待ったままの楽勝というレース
ではなかったが、追って一気に突き放して
後は楽だった。500万下でも上位候補だろ
う。
2着初めてのダートだったがディープスカイ産
駒はダートで変わり身を見せる馬が多い。
3馬身半差とはいえ自身の完全タイム差
はBランクに相当する。レース運びにも安
定感があったので次走も有力。まだ乾い
たダートを経験していないという事が不安
だが良馬場のダートでも大丈夫と判断し
たい。
3着高速のダートが合っているようで次走が
乾いたダートだと半信半疑。



4月9日(日) 7R 1800m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.9秒

着順馬名タイム・着差
1着リリカルホワイト1.51.1
2着サンヘレナ大差
コメント
1着一叩きして馬体が絞れ、それで鞍上も自信が
あったのか強気なレース運びをして2秒2も差
をつける圧勝だった。これまで良馬場のダート
では大した記録を残していないので昇級して
良馬場だと半信半疑だがこういう馬場はかな
り得意のようなので似た状況になれば1000万
下でも上位可能だと思う。
2着2着以降はEランク相当になるので過信禁物
という事になるが今回のメンバーは大半が
次走も牝馬限定戦のはずで、そうであるなら
危険というほどではない。



4月8日(土) 3R 1200m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.4秒

着順馬名タイム・着差
1着アシャカセルクル1.10.7
2着ヘルディン2
3着ウォーターメロン4
コメント
1着初の1200mでスピードを活かし切ったが、
追ってから伸びているように単調なスピ
ード型ではない。これまでの内容から16
00m以上だと厳しそうだが1400mまでは
問題ないとみる。
2着放牧明けだったがむしろ状態は前走以上
休養前の2戦は折り合いを気にしてじわっ
と上がる競馬をしていたが、2番手で折り
合えたことも今回良かった。次走はチャン
ス。
3着-12㎏だったが、休養前が+12㎏だったの
で元に戻ったという事。1200mの高速決
着が向いているタイプとは思えないが、
状態が良くなっていたという事だろう。
距離は1400m以上あった方がいいと思
う。



4月9日(日) 3R 1200m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.5秒

着順馬名タイム・着差
1着セイウンチャーム1.10.9
2着サウスギガパワー1/2
3着ユキノドリーム4
コメント
1着ようやく勝ったかという感じだが、馬群に
入ると良くない馬がブリンカーを着用して
中山1200mの大外枠というのも良かった
と思う。コーナーで外へ逃げたりする面が
解消しているか判らないが、能力そのも
のは500万下でも通用するものがある。
後は精神面での成長がカギとなる。
2着何が何でも逃げるというレース運びで、
それが良かったよう。デビュー戦から
ブリンカーを着用している位なので、
揉まれるレースになると依然として不
安は残る。
3着これまでよりも前に位置を意識し、取り
に行ったが伸びを欠いてしまった。おそ
らく時計のかかる馬場で差しに回る方
がいいのだと思う。



続いて第2回阪神第5日・6日の復習です。

阪神芝 
阪神ダート 


阪神 芝

4月9日(日) 11R 外1600m 3歳OP
桜花賞(GⅠ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.3秒

着順馬名タイム・着差
1着レーヌミノル1.34.5
2着リスグラシュー1/2
3着ソウルスターリングクビ
4着カラクレナイクビ
5着アエロリットクビ
12着アドマイヤミヤビ
コメント
1着これまで1600mでは3着以下、1400mでは
オール連対という成績だったが、大一番で
距離の壁を突破した。前走のフィリーズレビ
ューでは前半抑えて4Cで一気に仕掛けてし
まったが、今回は好位で折り合って直線で
も追い出しを待った。トライアルからの流れ
で大きく前進したという感じだが、馬場適性
のさも大きかったと思う。ピッチ走法だから
距離は短い方が良いが、こういう馬場へ
の適性も高い。次走オークスでは厳しい
と思われるが、東京のNHKマイルCでも
苦しいと見る。ピッチ走法の馬が東京マイ
ルで好走するイメージが全く湧かない。
次走道悪で好走した場合は脱帽する。
2着阪神JF、チューリップ賞と連敗したソウル
スターリングを逆転した訳だが、レース上
りが過去2戦より掛かる馬場や展開になっ
た事が良かったと思う。それとハーツクライ
産駒らしく成長力がある。
3着1番人気。最初からモタモタとした走りで
過去のソウルスターリングとは違った。
この血統で渋った馬場が苦手とも思えな
いがそう考えるしかないようないつもと違
う走りだった。
4着初の1600mだったが良く伸びた。
5着どんな馬場でもどんな展開でも崩れない
堅実さはあるが、突き抜けるには何かが
足りない感じ。
12着2番人気。後ろの方で最初から追い通し
だった。1600mで2勝しているが、GⅠの
1600mは忙しかったという印象。元々オー
クス向きとされていた馬だし、今回の上位
馬で2400m向きと思えるのはリスグラシ
ューぐらいなので依然としてオークスでは
有力視出来ると思う。



4月8日(土) 6R 1600m 3歳500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.5秒

着順馬名タイム・着差
1着メイショウオワラ1.35.0
2着サングレーザークビ
3着バトルスピリッツ1 1/4
コメント
1着前走ファルコンSに出走していたが、先行有
利の流れだったファルコンSで先行していな
がら失速したが自己条件の今回は好位から
きっちりと伸びた。これで2勝ともBランクだ
がその2勝がどちらも重馬場で尚且つプラス
の馬場差だった。時計のかかる馬場という
のが今のところ好走条件になっている。
2着道悪が得意という走りではないが、馬場が
悪いと馬場を気にしてかえって折り合いが
つくよう。それくらい以前と違って折り合い
がついていた。良馬場でも今回のように折
り合えれば終いの伸びが違ってくるはず。
3着反応が悪かったものの最後はジワジワと
伸びて来た。ジョッキーは良馬場でやりた
かったとレース後に言っていたが、速い上
がりは期待できない馬なので良馬場だと
切れ負けの可能性が高くなると思う。



4月8日(土) 11R 外1600m 古OP
阪神牝馬S(GⅡ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.3秒

着順馬名タイム・着差
1着ミッキークイーン1.34.3
2着アドマイヤリード1 3/4
3着ジュールポレールクビ
15着クイーンズリング
コメント
1着1600mは短くて昨年の阪神牝馬Sのように
良馬場のスローになると脚を余して負けて
しまうが、時計のかかる馬場で極端なスロ
ーにならなければ中距離向きの底力を発
揮できる。ヴィクトリアMも時計の掛かる
馬場になる事が理想だろう。
2着本当に強くなったというより以前とは違っ
て体質が強くなって安定して能力を発揮
できるようになった。今回に関してはミッ
キークイーンには完敗だが、まだ4歳な
ので次走で差を詰めたり逆転する可能
性はある。
3着早目に先頭に立ち、交わされてからも
しぶとかった点を評価したい。半兄の
サダムパテックと同様に渋った馬場が
得意だろうが、一度脚を使ってそれっ
きりというタイプではないので相手が
強くなっても対応できそう。
15着2番人気。とりあえず先行したものの
いいところがなく15着だった。どう考え
ても馬場の影響だろうし、落鉄もしてい
た。良馬場での巻き返しを期待できる。



4月8日(土) 10R 1400m 古1600万
心斎橋S
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.8秒

着順馬名
2着ビップライブリー
13着ツィンクルソード
17着アンタラジー
コメント
2着前回番組注目馬。前半少し引っ掛かった
が、すぐに折り合えた。勝ち馬は内をロス
なく立ち回っていて、結果的に枠順の差
も大きかったと思う。次走も有力である事
に変わりはない。
13着直線で伸びかけた所で前が壁になって
そのまま馬なりのゴールだった。進路が
あればどれくらい伸びたのか判断しかね
るが、伸びかけた勢いを見ると上位にき
ていた気がする。次走狙えるという程で
はないが、全く力を出していない事は
チェックしておきたい。
17着走る前から道悪はダメだと思っていたが
やっぱり駄目だった。4Cで上がって行こ
うとしても前に進まない感じでフォームが
バラバラ。直線ではほとんど追っていな
いので殿負けでも仕方ない。次走東京
の良馬場で巻き返しを狙う。東京は7走
してスタート直後の落馬を除いて全て
3着以内で3勝している。しかも3勝中2
勝はAランク。



阪神 ダート

4月9日(日) 6R 1200m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.8秒

着順馬名タイム・着差
1着エネルムサシ1.09.8
2着ラララルジェス3
3着クリノサンレオハナ
コメント
1着約1年ぶりだったがスッキリとした馬体で
好仕上がり。今の500万下ではスピード
が違うというレース内容で逃げ切った。
さすがに最後は止まり気味だったが、
使って息の入りが良くなるはずなので
1000万下でも有力だと思う。
2着直線で内にササって追いづらそうだった
が、まっすぐ走っていても勝ち馬を差すと
ころまではいかなかっただろう。差す競馬
が板についてきたので人気薄の今回2着
だが次走も侮れない。
3着早目に勝ち馬を追って失速してしまった。
勝ちに行った分の3着で安定しているの
で次走も上位候補。



4月8日(土) 8R 1800m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.5秒

着順馬名タイム・着差
1着トウショウコマンチ1.50.1
2着キングズアフェア―4
3着シップーコウライ1 1/4
コメント
1着2勝ともBランクの勝利だが、どちらも道悪
の逃げ切りだった。高速馬場で逃げるの
が好走パターンというか能力が全開となる
シチュエーションであって今後もそういう馬
場やメンバー構成になれば注意。理想は
平坦コースだがそういうコースは先行争い
が激しくなりやすいのが悩ましいところ。
2着好タイムではないがこれまでとは違って
意識的に前の位置を取りに行って、それ
でも落ち着いて走れた事が収穫だろう。
こういうレースを続けていれば安定感が
増すし、勝つチャンスも巡ってくるはず。
3着1番人気。ダートの下級条件で差し一手
の馬は人気に応えにくいので仕方ない。
このクラスで上位の存在である事は確
か。



4月9日(日) 5R 1800m 3歳500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.2秒

着順馬名タイム
1着タガノアンピール1.51.0
コメント
1着タイムランクCだが完全タイム差は-0.2秒。
時計短縮は余裕で可能という程の内容では
かいが、前が狭くなりかけた所を一気に抜け
てきた姿は迫力があった。デビューから7着・
4着・1着で勝ち上がって、昇級後は6着・4着
・1着で勝ち上がり。地味ながら着実に力を
つけていくエンパイヤメーカー産駒らしい
成績で昇級してすぐに通用するタイプでは
ないかもしれないが、これからもっと出世
するポテンシャルを感じさせるレース内容
だった。



最後に第1回福島第1日・2日の復習です。

福島芝 
福島ダート 


福島 芝

4月8日(土) 10R 2000m 3歳500万
ひめさゆり賞
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.6秒

着順馬名タイム・着差
1着ミッキースワロー1.59.9
2着ドリームソルジャー1 1/4
3着ショワドゥロワ1 1/4
9着インシュラー
コメント
1着3C手前から動き出してコーナーで外を
回り直線でもしっかり伸びた。かなり長く
脚を使っており、この馬に関してはペー
ス補正関係なく完全タイム差-0.6秒を
そのまま受け入れたい。ただ前走より
マシだったとはいえ前半にもたつく点
がOPの多頭数でどう出るか?それが
気になるので次走も上位候補とは言
えないが、少頭数で捲れる展開になれ
ばOPでもそこそこやれそう。
2着2Cで先頭に立ってそこからはマイペー
スだった。完全タイム差-0.4秒を鵜呑み
に出来ないレース運びではあるが、
小倉で勝っているように小回りコース
ではこういう機動力が武器となる。今後
も小回りコースで注目の存在。
3着ジリジリとした伸び。スタミナはありそう
なので4C先頭位のレースをした方が
良さそう。
9着1番人気。3Cでミッキースワローが外へ
出ようとした時に挟まれて後退して4C
でも外から先に行かれてスペースがなく
直線入り口では最後方になってしまった。
この時点で戦意喪失という感じで参考外
と言える。



4月9日(日) 5R 1800m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差±0秒

着順馬名
7着コンカーアゲン
コメント
7着出遅れてさらにダッシュがつかず最後方。
それも離された最後方に置かれてしまった。
さらに4Cでは最後方で追い通しでステッキ
も入っているという絶望的な状況だったが、
直線で一番外に出して良く伸びていた。
直線だけで9頭も抜いているのはジョッキー
が諦めずに追っているお蔭でもあるが、ス
タートの失敗が初出走の影響だったと考え
ると次走は前進が期待できる。次走勝てる
かどうかは疑問だが、次走も間違いなく人
気はないので2着・3着の候補に入れて高
配当を狙いたい。



福島 ダート


4月8日(土) 6R 1700m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.6秒

着順馬名
2着ミュゼリバイアサン
コメント
2着古馬の福島ダート1700mらしい厳しい流れに
なり、やっと振り切ったと思ったら3Cで後ろを
引き離して行って息が入らず最終的にレース
の上り200mが14秒1も掛かってしまい、その
ため一頭に差されるが3Cまでついてきた馬
は完全に失速していて、この馬自身先行して
素太さというのは見せている。こういう力をす
べて出し切るレースをするので好走が連続し
にくい。という訳で次走に関して難しい所もあ
るが、今回の逃げての2着は恵まれたものど
ころか内容が濃いという事を覚えておきたい。



4月9日(日) 1R 1700m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.5秒

着順馬名
5着メイショウクロス
コメント
5着前走がデビュー戦だったがその前走が逃げて
2着だった事もあり、スタートから仕掛けてハナ
を切ったが、きついマークにあってペースも
速くて全く息も入らなかった。こういうキツイ展
開の割には良く粘っていると言える5着で少し
でもマークが緩むようなら着順はもっと上がり
そう。小回りコースだとマークがきつくなるの
で楽に行かせてもらえる確率が高いという点
で小回りコースよりは京都1800mのような広
くて流れがゆったりとするコースの方がいい
かもしれない。次は多分京都だと思う。



馬券Summary
ダイワメジャー産駒のコース別成績
サマリー



では今週もお仕事がんばりましょう!!


ブログランキングにも参加登録してます。
現在70位から120位くらいをウロチョロしてます・・・
↓↓良かったらポチっとお願いします!!↓↓











2017年4月3日放送分「先週の結果分析」の復習

皆さんこんばんわ!!


先週は阪神競馬場でGⅠ大阪杯が行われ、、、

初代王座にキタサンブラックが就きました。


直線ではステファノスが交わすかと思いましたが、、、

なんのなんの、、、

あれではどこまで行っても交わせません。

天皇賞・宝塚記念も制覇してボーナスを

手にするのか目が離せません!!


今週は馬券の方も勝負レースをGETでき、、、

久々とはいえJRAにリベンジしてやりました!!笑


来週は牝馬クラシックの桜花賞、、、

やっぱソウルスターリングかな???

と思いつつ、今週狙い馬を探します!!



ブログランキングにも参加登録してます。
現在70位から120位くらいをウロチョロしてます・・・
↓↓良かったらポチっとお願いします!!↓↓





では、第3回中山第3日・4日の復習からスタートです。

中山芝 
中山ダート
※下記表中の赤文字の馬名表記は今週の注目馬・勝ち馬次走上位候補・
今週の厳選推奨馬で、青文字の馬名表記は今週の危険馬です。

中山 芝

4月1日(土) 11R 外1600m 古OP
ダービー卿チャレンジT(GⅢ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.8秒

着順馬名タイム・着差
1着ロジチャリス1.34.7
2着キャンベルジュニア1/2
3着グランシルクハナ
4着マイネルアウラートハナ
コメント
1着中山1600mの内枠で先行してSペース。しかも
4Cでは早目に逃げ馬の外に出して進路を確保
した。何から何まで上手く運べたし、大型のパ
ワータイプで渋った馬場も得意。勝つ時はこう
いうものだが、超Sペースで差しに回った東風
Sでも伸びて3着だったようにここにきて力を
つけているのも確か。ただ今後重賞で本命を
つけるチャンスがあるかどうかちょっと悩むと
ころ。その位今回は好走条件が揃っていた。
2着前半は折り合いに苦労していて前半がスムー
ズだったロジチャリスとの差がゴール前で出て
しまったという印象だが、2着をそれでも確保し
たのは立派。5歳の春だが南半球産の7月生
まれで今が大体4歳の秋に相当する訳だが
充実している。
3着このペースでその位置からでは厳しいだろう
という結果になった。しかし直線の長いコース
では逆に脚の使いどころが難しかったりする
ので勝ち切るには展開の助けが必要なタイ
プ。
4着自身の上りの速さに限界があってこういうS
ペースで差しに回ってしまうと厳しい。よくこ
こまで差を詰めたという評価が可能だと思う。



4月1日(土) 9R 2200m 3歳500万
山吹賞
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.1秒

着順馬名
3着アサギリジョー
コメント
3着一旦先頭に立って2頭に差される訳だが、土曜
に最内を通ってしまっては最後に伸び負けする
のは仕方ないと思う。それもポッカリ空いた内を
通って来た訳ではなくて狭い所をいいスピード
で抜けてきている。馬場の悪い所を通っただけ
ではなくてアタマが高い走法なのでいい脚が
長続きしないのかもしれないが、中山の500万
下なら上位に来れるだけの能力は葉牡丹賞
の3着に続いて示したと言える。好走しても人
気になりにくい馬なので中山や福島でも引き
続き注目。



4月2日(日) 11R 1200m 古1600万
船橋市市制施行80周年記念
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.6秒

着順馬名
11着フルールシチー
コメント
11着中山1200mにしてはペースが速くなくて、ほぼ
全馬が直線で伸びるだけの脚を残していた結
果大接戦となったが、速い上がりの差し比べ
でロスがあるとダメ―ジは大きい。伸びては来
たが勝負所で前が狭くなってまともに手綱を
引くことになった。11着とはいえ僅か0.2秒差
なので不利がなければ着順は大幅に上がっ
ていた可能性はかなりある。今回が連闘だっ
たので次走はどうかと思うが、夏までに一発
があるような予感がする。



中山 ダート

4月1日(土) 4R 1200m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.5秒

着順馬名タイム・着差
1着ワシントンレガシー1.11.3
2着エンセラダス3 1/2
4着ヴィオラ
コメント
1着今回が初めての1200mだったが、スピードを
活かしての圧勝だった。とはいってもスピード
一辺倒というレース内容ではなく後続を引き
付けてから追って突き放しているので時計短
縮も可能と見る。高速馬場が合っているとい
う可能性もあるので良馬場でもダート1200m
なら500万下でも通用すると言いきれないが
スピードは500万下でも上位クラスだと思う。
2着勝ち馬には突き放されたが走る度に時計を
詰めていてそろそろ順番が回ってきそう。
4着内枠でダッシュがつかずその為ポジションが
が悪くなり、4Cでもちょっと下がってから外
へ出すというロスの大きいレース運びとなっ
たが、直線に入って伸びて来た。ところが直
線半ばで内にササってスピードが落ちてしま
ったが、そこから追い直してまた伸びていた。
スムーズに運べれば勝てるレベルにあるの
で次走は狙いたい。



4月2日(日) 2R 1800m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.4秒

着順馬名タイム・着差
1着ヤマニンバンタジオ1.54.4
2着セガールモチンモク4
3着ブラウンスビトクビ
コメント
1着不器用な馬だが今回は向こう正面で外へ出
して早目に上がって行き、そこからかなり長
くいい脚を使った。東京2100mで2着が2回
あるようにスタミナは十分。1800mだとどう
しても後ろからになるので今回のように早目
に動ける展開にならないと厳しいが、スタミ
ナ勝負に持ち込めば500万下でも上位可能
だろう。
2着好タイムではないがスタートが遅くて後ろか
らになりながら良く伸びている。ただレース
内容は大体いつも同じ感じなので勝つには
組み合わせに恵まれる必要がありそう。
3着人気薄だった。外枠でスムーズに運べれば
これくらいは走れるのだと思う。ただ次走も
同じように好走できるかとなると、そう簡単
ではないタイプに見える。



4月1日(土) 8R 1800m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.1秒

着順馬名タイム
1着トゥルーウインド1.52.8
コメント
1着全くの楽勝で時計短縮もかなり出来る筈。
骨折明けだった前走は最後に息切れしたが
2走目で本来の能力を発揮したという事。
なぜこれくらいの能力がある馬なのに休養
前は500万下で何度も凡走していたかとい
う事だが、抜かれると止めてしまう気性が
災いしていた。今でもその気性が治ったか
どうか不明だが、そうであるなら徹底先行
策で押せばいいだけで今の1000万下は
かなりレベルが下がっているし先手を主
張すればそうそう絡まれないはず。逃げ
てしまえば1000万下でも上位可能と見る。



4月2日(日) 10R 1800m 3歳OP
伏竜S
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.2秒

着順馬名タイム
1着リゾネーター1.52.6
コメント
1着あと0.2秒速ければBランクだが時計短縮は
可能。ブリンカーを着用してきた2戦目から
危なげなく3連勝していてまだ底を見せてい
ないし、デビュー当時から34㎏も増えた馬体
は迫力十分。パワーで押す先行馬なので
東京ダート1600m、つまりユニコーンSの
舞台が向いているタイプとも思えないが、
東京1600mであっても先行して押し切れる
位の能力はあると思う。



最後に第2回阪神第3日・4日の復習です。

阪神芝 
阪神ダート   



阪神 芝

4月2日(日) 11R 2000m 古OP
大阪杯(GⅠ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.7秒

着順馬名タイム・着差
1着キタサンブラック1.58.9
2着ステファノス3/4
3着ヤマカツエース1/2
4着マカヒキ1 1/2
5着アンビシャスアタマ
6着サトノクラウンハナ
コメント
1着絶好位から絶好のタイミングで動いて行った
が、どこまで行っても差されないだろうという
余裕の勝利だった。GⅡだった昨年はスロー
の逃げで2番手アンビシャスに差されたが、
この位の流れになった方がより良さが出る。
春の天皇賞に向けて視界良好だと思う。
2着キタサンブラックをマークしていつもより前
の位置取り。作戦は上手くいっていた。
この乗り方で差せないのではキタサンブラ
ックとは力の差があると言わざるを得ない。
ただ前哨戦で凡戦していてもGⅠでは走る
というこの馬の特性とかきっちり仕上げて
くる厩舎の腕は再確認できた。ただ基本的
に好走が2度続かない馬なので次はどうか
と思う。
3着結果的にこの馬場とこのペースでは厳しか
ったが、外からよく伸びた。いつの間にか
GⅠレベルになっていたという印象だが、
大阪杯はこの馬が最も得意としているコ
ーナー4つの2000m。この後古馬のGⅠ
やこういうレースがないのが辛いところ。
4着2番人気。よく伸びてはいるが4Cであの
位置だと届かないのは仕方ない。
5着よく伸びてはいるが4Cであの
位置だと届かないのは仕方ない。
6着位置取り負けではなく、こういう時計の
速い決着が苦手なのだと思う。



4月1日(土) 3R 1800m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.5秒

着順馬名タイム・着差
1着ブラックスビーチ1.48.0
2着エレクトロニカ1 1/2
3着テーオービクトリーハナ
4着ケアリイカイ2 1/2
コメント
1着途中であまりラップが落ちていない平均ペー
スというのは外回り1800mでは珍しいもの
で3番手から早めに先頭に立って押し切った
ブラックスビーチはその点で高く評価できる。
ただし、Bコース替わり最初のレースで圧倒
的に内が有利だったという部分は割引いた
方がいいと思う。
2着馬場の中ほどを伸びており、差し馬向きの
流れだった事を考慮しても勝ち馬との能力
差は大きくないと判断できる。2歳の頃は
非力な感じが強かったが、体重が10㎏増
えてその非力感が少し抜けてきた。
3着内から差して来ており、ペースと馬場を味
方につけた好走であると判断したい。この
レースでは圧倒的に内が有利な馬場で、
好走要因は内を通っても狭くなったりせず
外から差して来た2着馬にハナ差とは言え
負けている。タイムは優秀だがこれを次走
で再現できる可能性は低いとみる。
4着4Cでかなり外を回っていて、直線でも一番
外へ行った。少し差はついているが、今回
が初出走だった事を考慮すると能力の高
さを見せていると思う。



4月2日(日) 3R 外1600m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.5秒

着順馬名タイム・着差
1着インビジブルレイズ1.34.9
2着ヤマニンペダラーダ2
3着トーホウシーマクビ
コメント
1着前回番組注目馬。脚の回転が速くて一気
に抜け出して来て最後は余裕もあった。
走り方がハーツクライ産駒っぽくないので
距離が伸びていいという事はないと思う
が、マイル路線で活躍できそうだし、3歳
限定戦のうちは2000mでもこなせそうで
はある。
2着勝ち馬には一気に離されたが最後まで
しっかり伸びている。ディープインパクト
産駒にしては切れ味がちょっと足りない
ものの好位で運べるので安定感がある。
次走も上位候補。
3着大トビで1600mではちょっと短いのだと
思う。母のトーホウビーナスも半兄のト
ーホウチェイサーも短距離馬だったが、
こちらはハーツクライ産駒らしさが出て
いるので距離は伸びた方がいいと思う。



4月1日(土) 6R 1400m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差±0秒

着順馬名タイム
1着サプルマインド1.22.1
コメント
1着内が有利な馬場という事でこのレースから
内に馬が密集するようになっていて、その
為に内で窮屈になっている馬もいたが、そ
れにしても土曜の馬場しかも内回りで馬群
の外から一気に差した鋭さは目立った。
2歳の夏に新馬戦を勝った時に褒めた馬。
その後は期待外れだったが、ようやく素質
が開花したと思わせる勝ちっぷりだった。
これから出世していくと思う。



4月1日(土) 9R 2400m 3歳500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.9秒

着順馬名タイム
1着アドミラブル2.30.0
コメント
1着かなりのSペースで上がりが速く、2着のアドマ
イヤロブソンと比べて4Cでも位置取りが明暗
を分けたという感もあるが、速い上がりの中で
後続を一気に突き放し、最後は流すくらいの
楽勝だった。仮に4Cでアドマイヤロブソンと
同じ位置にいたとしても勝っていたと思う。
それにしても迫力ある走りっぷりで能力は
重賞級だと思う。デビュー戦で2秒以上負け
ているが、ノドを手術して2戦目に完全タイム
差-2.1秒で勝ってさらに500万下も楽勝、
次走がは京都新聞杯と推測するがそこでも
好勝負になると思う。



阪神 ダート

4月2日(日) 8R 1200m 古1000万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.8秒

着順馬名タイム・着差
1着サイタスリーレッド1.10.2
2着クールゼファー1/2
3着サーティグランド3
4着セレッソブランコ3/4
コメント
1着2番手から先頭に並びかけてきて、残り
200mまで持ったままだった。その割に
2着馬を離せなかったが、これは2着馬を
誉めるべきで3着以下はちぎっている。
これでダートに転じて2戦2勝。それもBラ
ンクとAランクであり全く底を見せていない。
ダート短距離の1600万クラスはすぐに通用
するものではないが、この馬なら可能では
ないかと思う。
2着最後まで勝ち馬と同じ勢いで伸びていて、
タイムも内容も優秀。こちらもデビュー戦を
除くとダートでは高レベルで好走していて
次走で勝つ確率はかなり高いと思う。
3着普通のレベルなら好勝負になるタイム。
4着普通のレベルなら好勝負になるタイム。
久しぶりのダートで好走。次走もダートなら
注目に値するが、先週のような高速馬場の
ダートが得意な血統でもあるので良馬場の
ダートで好走出来るかどうかは判らない。



4月1日(土) 1R 1200m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.5秒

着順馬名タイム・着差
1着ナムラムート1.11.2
2着スズカアカデミー1 1/4
コメント
1着昨年12月以来のレースでプラス10㎏だった
が、太くはなく成長分だろう。2番手から抜け
出したものの最後は一杯になっていて時計
短縮は可能という内容ではなかったが、今
回が休み明けだったという事を考慮すると
次走はもっと走れる可能性もある。そうであ
るなら500万下でも上位可能だと思う。
2着3着に4馬身差をつけ自身の完全タイム差
もマイナス。次走も上位候補だが、砂を被
る展開になった前走で8着に沈んでいるよ
うに脆さもある。次走も砂を被らないレース
運びをすると思うが全幅の信頼はよせら
れない。



4月1日(土) 5R 1800m 3歳500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.5秒

着順馬名タイム
1着ローズストリート1.52.0
コメント
1着ペース補正が入る程ではないが前半が遅か
った事がタイムの遅さに影響している。そして
休み明けの影響なのか4Cでもモタモタしてい
たが、直線で追われるとグングン伸びて最後
は余裕もあった。つまりレースの流れとこの
馬自身のレースぶりを合わせて大幅なタイ
ム短縮は可能だという事。そもそも1勝目が
完全タイム差-1.4秒だった馬で3歳の重賞で
そのまま通用するとまでは言えないが、仮に
3歳OPに勝てなくても夏か秋には1000万下
で通用するレベル。今回のタイムの遅さは
度外視できるので今後も注目出来る。



馬券Summary
高速ダートのスウェプトオーヴァーボード


番組注目馬特別登録
4/8(土) 阪神 心斎橋S  ビップライブリー
      




サマリー1 
サマリー2




では今週もお仕事がんばりましょう!!



ブログランキングにも参加登録してます。
現在70位から120位くらいをウロチョロしてます・・・
↓↓良かったらポチっとお願いします!!↓↓










2017年3月27日放送分「先週の結果分析」の復習

皆さんこんばんわ!!


先週は中京競馬場でGⅠ高松宮記念が行われ、

セイウンコウセイが一頭だけ違う脚で突き抜けて勝利!!


3番人気のメラグラーナも道悪が下手と思い、

軽視したまでは良かったのですが。。。

さらに馬場の内が悪いなと感じたので内枠の人気馬までも

軽視してしまい、、、敢え無く散ってしまいました(泣)



さあ、今週は新設GⅠの大阪杯!!

今週もしっかり復習してこの借りを返したいと思います!!




ブログランキングにも参加登録してます。
現在70位から120位くらいをウロチョロしてます・・・
↓↓良かったらポチっとお願いします!!↓↓





では第3回中山第1日・2日の復習からスタートです。
中山芝 
中山ダート

※下記表中の赤文字の馬名表記は、今週の番組注目馬・勝ち馬次走上位候補・
厳選推奨馬で、青文字の馬名表記は今週の危険馬です。


中山 芝

3月25日(土) 11R 2500m 古OP
日経賞(GⅡ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.3秒

着順馬名タイム・着差
1着シャケトラ2.32.8
2着ミライヘノツバサ3/4
3着アドマイヤゼウスアタマ
4着レインボーライン1 1/4
5着ゴールドアクタークビ
6着ディーマジェスティ1/2
コメント
1着4Cからかなり長く脚を使いつつ最終的には余裕
の差し切りだった。パワフルな走りで京都よりも
阪神や中山向きという印象で、その点で春の天
皇賞ではどうかだが、まだキャリア6戦の4歳馬。
これからさらに強くなると思うので春の天皇賞で
も有力だと思う。
2着中山が得意。特に先行力を活かせる内回りが
得意。今後は他のコースでどうかという事が
ポイントととなる。
3着一言でいうとGⅠでは少し足りないが、GⅡでは
崩れないという馬。
4着2番人気。内にいて特にシャケトラとの比較で
仕掛けが遅れてしまった。ちょっと脚を余した
という印象だった。
5着1番人気。衰えてしまったという可能性もある
が、年齢を重ねた為に休み明けは走らなくな
ったという可能性も考えたい。そうであるなら
次走の巻き返しも期待できる。
6着3番人気。休み明けで体調が整っていなかっ
たのだと思う。



3月25日(土) 9R 2000m 3歳500万
ミモザ賞
タイムランクSL メンバーランク
完全タイム差+1.7秒

着順馬名タイム
1着ルヴォワール2.04.3
コメント
1着少頭数の超Sペースでルウォーブルが逃げ切っ
ても何ら不思議はなかったが、これを4番手から
ほぼ持ったまま差し切って1馬身半差をつけた。
このレースに関しては滅茶苦茶強いという勝ち
っぷりだった。新馬戦の時は追われて一気に
伸びているので、馬なりでも追ってもあまり変
わらないという馬ではありえない。中山より東
京向きの馬が多いハーツクライ産駒でフロー
ラSで有望だと思う。



3月26日(日) 10R 2000m 古1600万
常総S
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+1.6秒

着順馬名
9着ジョルジュサンク
14着アップクォーク
コメント
9着2番人気。中山の直線の急坂が良くない面
もあるので、特に次走京都なら巻き返しを
期待できると思う。
14着1番人気。中山の直線の急坂が良くない面
もあるので、特に次走京都なら巻き返しを
期待できると思う。



中山 ダート

3月26日(日) 2R 1200m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.3秒

着順馬名タイム・着差
1着シルバーストーン1.12.4
2着キンイロジャッカル1 1/2
3着シャインヴィットゥクビ
コメント
1着デビュー以来初めての先行策をとれて、逃げ
たシャインヴィットゥの競り合いを制した。
最大の勝因は前に行けた事だろう。ギリギリ
のBランクなのですぐに500万下で通用する
かどうか微妙だが安定して先行できるように
なればどこかでチャンスが巡ってくるはず。
2着スタート直後に躓いたが、大外枠だった事も
ありすぐに前にとりつけた。直線でもしっかり
伸びていてデビュー戦だった前走から大幅
にタイムを短縮した。近いうちに勝ち上がれ
そう。
3着休み明けで追い切り本数が少なかった。
太目ではなかったが最後に止まってしまっ
たのはその影響だったと思う。順当に良化
してくれば次走はチャンス。特に福島1150
mに出走すればスピードで押し切れそう。



3月26日(日) 11R 1800m 古OP
マーチS(GⅢ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.3秒

着順馬名タイム・着差
1着インカンテーション1.52.0
2着ディアデルレイ1/2
3着アルタイル1/2
12着コスモカナディアン
コメント
1着一昨年の5月に平安Sを勝った後は休みが
ちで成績も振るわなかったが、久しぶりに
3回続けて順調に使えて状態が戻ったよう。
状態さえまともならGⅢでは明らかに上位
の存在。7歳の春だがダート中距離では
まだ衰える年齢ではない。
2着スタート直後に躓いた前走とは違い、スム
ーズに本来の先行策がとれた。ほとんど
勝ちパターンだったと思うが、今回はイン
カンテーションが強かったとしか言いよう
がない。
3着直線の半ばからよく伸びたが、やはり中
山1800mではペースが速くてもある程度
は前につけていないと勝ち切るのは難し
い。とはいえ1600万クラスで1番人気で
13着だった中山1800mでもここまで来る
ようになったのだから力をつけている。
12着1番人気。JRAの重賞のペースに対応
出来なかったとも、雨で軽くなったダート
は得意ではないとも言えるが、まだ4歳。
ダートの中距離ではヒヨッ子という年齢
なのでこれから力をつけてくるはず。
これは3番人気4着のロンドンタウンにも
言える。



3月25日(土) 10R 1200m 古1600万
春風S
タイムランク メンバーランク
完全タイム差±0秒

着順馬名
6着ドラゴンゲート
8着アトランタ
コメント
6着アトランタと競り合っての先行ではやはり厳
しい。アトランタ程速い先行馬がいない組み
合わせならもっと走れると思う。
8着行き切ってしまえばHペースでも強さを発揮
するが行き切れないと脆いのでドラゴンゲ
ートと競り合った時点でアウトなのだが、前
走の千葉Sは前半が33秒2で今回が33秒7。
アトランタが行き切れないペースではないが
千葉Sは格上挑戦のハンデ戦で52㎏だった。
今回は自己条件の定量戦で57㎏、ダートの
短距離の先行馬が一気に5㎏増というのは
厳しい。今回の結果や内容は仕方ない。
ただし、この馬は1600万2着もハンデ戦で
54㎏だった。550㎏もある大型馬に斤量は
関係ないようにも思えるが、スタートダッシ
ュが命というタイプには堪える。57㎏そのも
のは大丈夫でも好走した時よりも5㎏も重く
なっていれば苦しいだろう。今後OPのハン
デ戦で斤量が軽い時の方が狙い目となり
そう。



続いて第2回阪神第1日・2日の復習です
阪神芝 
阪神ダート 



阪神 芝

3月25日(土) 11R 外1800m 3歳OP
毎日杯(GⅢ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.4秒

着順馬名タイム・着差
1着アルアイン1.46.5
2着サトノアーサー1/2
3着キセキ1/2
7着ガンサリュート
コメント
1着シンザン記念で致命的な不利を受けて6
着だったが、スムーズならこれくらいは走
るという事。ただ距離が延びていいとも思
えないので春の狙い所は皐月賞・ダービ
ーではなくNHKマイルCに向かった時か
なと思う。
2着1番人気。いくらなんでも前半の位置取り
が後ろ過ぎたと思うが、体が未完成でこ
ういう競馬しかできないのかもしれない。
体が未完成なままでこれだけ走っている
訳で能力は高いが本格化するのは秋以
降のような気がする。
3着人気が下がった所で好走したが、どうい
うコースや距離が合うのか判らないし、
500万下に出走すれば勝てるというタイ
プではないかもしれないが、鍛えて体を
絞ってきて力をつけてきていると思う。
7着3番人気。2着だった京成杯はタイムラン
クE。京成杯の上位馬は次走重賞では
軒並み苦戦しているので順当な結果だ
ったと思う。



3月25日(土) 11R 1600m 古1000万
天神橋特別
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.2秒

着順馬名タイム
1着カイザーバル1.34.9
コメント
1着Sペースを3番手から抜け出した形ではあるが、
残り800mから600mが11秒9、600mから400
mが10秒8とペースアップが速くて前につけて
いる事が大きなアドバンテージになるようなラッ
プではなかった。何よりラスト200mを切ってか
らの伸びが以前にも増して鋭くなっている。
新馬戦勝ちの後はしばらく人気を裏切ること
が多くて早熟なのかと思えたが、実は逆で当
時は身が入っていなかったという事。3歳秋に
本格化の兆しを見せて今回は12㎏増えてい
たが、全く太くなく成長著しい。1600万下でも
通用すると思う。



3月26日(日) 6R 1800m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.3秒

着順馬名タイム
1着ザクイーン1.47.9
コメント
1着完全タイム差-0.3秒という事はあと0.1秒速け
ればBランク。あと0.1秒の短縮は余裕で可能
だろうという楽勝だった。周囲を気にする様で
馬群に入ると良くないという負け方をこれまで
していたが、今回は最内枠で馬群に入りなが
らも問題はなかった。精神面が成長している
という事だろう。元々新馬戦で1番人気だった
ように期待されていた素質馬で精神面の弱
点が解消されたとなると今後に期待できる。



阪神 ダート


3月26日(日) 1R 1200m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.7秒

着順馬名タイム・着差
1着ヤサシサ1.12.0
2着グランドガール1 3/4
3着ウインクルチェリー3
4着オールエリザベス1/2
コメント
1着実は1800mと1400mで2着続きだったが
初の1200mでスピードを活かして逃げ切
った。一本調子というか気持ちが前向き
過ぎるスピード型なのでクラスが上がっ
て行き切れなかった時は不安もあるが
完全タイム差-0.7秒は一つ上のクラス
でも通用するというレベル。
2着突き放されたが自身の完全タイム差は
大幅に詰めた。そう要因の一つは3㎏
減のジョッキーで51㎏だった事だが、
ダート短距離では安定しており次走も
有力。
3着水準以下のレベルの牝馬限定戦なら
勝てるくらいのタイム。
4着水準以下のレベルの牝馬限定戦なら
勝てるくらいのタイム。



3月26日(日) 8R 1800m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.4秒

着順馬名タイム・着差
1着シンゼンドリーム1.51.8
2着ジョーダンキングハナ
3着シップーコウライ3/4
コメント
1着芝でもダートでも最後に少し甘くなるのは変
わらなかったが、ダートだと他に芝ほど切れ
る馬がいないので押し切れたという勝ちっぷ
りだった。特にダート向きとは思えないが、
切れ味不足を補えるという意味でダートは
良かったのだと思う。ギリギリのBランクで
レース内容も一杯一杯なので昇級してすぐ
に通用するとも思えないが、同じ日の12R
の低レベルの1000万下はこの時期よく出
現するので組み合わせ次第では1000万
下でも上位可能としておく。
2着直線で良く伸びたが4Cで前から下がって
きた馬を捌くのに手間取るロスがあった。
そこがスムーズなら差し切っていたかなと
思うが、後ろにいるという事はそういうリス
クがあるので仕方ない。デビューが3歳の
8月まで遅れた馬でデビュー戦は芝で10
着。2戦目にスーパー未勝利でダートに
出走したが2着で、その後園田で3戦2勝
としてJRAに戻ってきた。デビューが遅れ
て未勝利のまま地方に行ったというだけ
で素質はあったという事。次走も有力。
3着勝ち馬と同じく初ダートだった。こちらも
芝では切れ味不足というレース内容が
多かったのでダートは良かったよう。
次走もダートなら上位候補となる。



最後に第2回中京第5日・6日の復習です。

中京芝 
中京ダート 



中京 芝

3月26日(日) 11R 1200m 古OP
高松宮記念(GⅠ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.4秒

着順馬名タイム・着差
1着セイウンコウセイ1.08.7
2着レッツゴードンキ1 1/4
3着レッドファルクスクビ
10着メラグラーナ
コメント
1着ダートや芝の重馬場での圧勝経験があって
こういう馬場が上手いのが勝因ではあるが、
初めての57㎏を背負っての快勝なので素
晴らしい。ただし、1分6秒台や1分7秒台前
半の決着でどのくらい走れるかはまだ未知
数。
2着馬場のいい所を狙うという乗り方ではなく
ロスのない最内を選択した。このメインレ
ースの時はどこでも同じ状態だったようで
内を突いたのは正解だったと見えて、最
後の伸びはいつものレッツゴードンキだっ
た。ただ1200mに関しては時計の速い決
着だと不安がある。
3着1番人気。この組み合わせなら力上位だし
あと中京が得意。それでも3着までだった
のは休み明けで万全という程ではなかっ
た為だと思う。
10着3番人気。勝ったラピスラズリSがタイム
ランクEでオーシャンSがDランク。GⅠで
好走できるだけのタイム面での裏付けは
なかった。



3月25日(土) 5R 1600m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-1.0秒

着順馬名タイム・着差
1着レッドオルガ1.34.3
2着レディギャング1/2
3着メイショウミハル1 3/4
コメント
1着バネの利いた弾むようなフットワークでい
かにも走るディープインパクト産駒という
感じ。兄にリディル・クラレント・レッドアリ
オン・サトノルパンと重賞勝ち馬がずらず
らと並んでいて、姉のレッドアバンセも
OPを勝っているが、兄や姉は京都と新
潟と東京が得意で中京では人気を裏切
っていた。レッドオルガも兄達と同じく軽
い芝が合うと思うが、今の中京はこうい
う馬が走れる馬場になっているとも言え
る。切れ味を活かせる馬場なら500万下
でも通用する。
2着勝ち馬の伸びが目立ったせいでジリっ
ぽく見えたが、自身も逃げて良く伸びて
いる。決め手に欠けるのは確かだが、
次走も上位候補。
3着ゲートのタイミングが合わず過去2走より
位置が後ろになったが、良く伸びていて
時計も詰めている。そろそろ順番が回っ
てきそう。



3月26日(日) 9R 1600m 古500万
刈谷特別
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.7秒

着順馬名タイム・着差
1着イレイション1.35.2
2着レッドイグニス1 1/2
3着ティーエスクライ1 1/4
4着クワトロガッツ2
コメント
1着軽い芝の切れ味勝負よりは渋った馬場で
のパワー勝負が得意。1000万下クラスで
も得意な状況になればそう差はないと思う
が、京都や東京の良馬場では割引が必
要だと思う。
2着1番人気。これまでずっと1800mから2000
mを走っていて今回が初の1600mだった
がしっかり伸びた。常々ハーツクライの距
離短縮は危ないと言っているが、ペースが
速くなることが歓迎材料ではないという事
で、今回のレッドイグニスのように前走が
Hペースの2000mで今回1600mだがスロ
ーというパターンならむしろ走りやすい。
距離やコースを問わずに安定している馬
で次走も上位候補と思うが、次走も1600
mに出てきてHペースになったりすると危
ない面もあると思う。
3着安定しているが決め手に欠ける。
4着左回りをひたすら求めている馬で中京
遠征。かつ今回連闘だったが、このペー
スで4C最後方では辛かった。ただ長く
脚を使える馬ではないのでそうしても脚
を溜めて展開が嵌るのを待つという事
になる。



3月26日(日) 10R 2200m 古1000万
熊野特別
タイムランクSL メンバーランク
完全タイム差+1.4秒

着順馬名タイム・着差
1着パフォーマプロミス2.15.9
4着ワールドインパクト
コメント
1着デビューから3連勝した馬で3連勝目の後に
ラスト100mが凄まじい切れ味だと番組で取
り上げたが、その後は不振スランプに陥って
いたが、ようやく立ち直った事を確認できる
強い勝ちっぷりだった。苦手だと思われた渋
った馬場を克服した事も収穫でこれならすぐ
に1600万下でも通用すると思う。
4着1番人気。4Cの内側の最も傷んでいる所を
走ってかなり手応えが悪くなっていた。傷ん
だ馬場、渋った馬場はかなり苦手のようで
今回の敗因は馬場だと思う。



3月25日(土) 10R 2200m 3歳500万
大寒桜賞
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.1秒

着順馬名
2着ブラックジェイド
コメント
2着今回初芝だったが大逃げの形で2着。3着に
5馬身差をつけているので次は人気になりそ
うだが、実は大逃げと言っても平均ペースで
しかも4Cでペースを落として息が入ってい
た。4Cで息が入ったとはいえ直線でもう一
伸びしてはいるがどちらかと言えばダート向
きという馬で、こういう一定のペースで走るこ
とが得意というタイプ。次走も芝の中距離に
出走して、尚且つ今回と同じ競馬に持ち込
んだら脱帽だが、楽な先行が出来ないか、
或いはスローで切れ負けすると見る。




中京 ダート

3月26日(日) 6R 1400m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.5秒

着順馬名タイム・着差
1着ピースマーク1.24.2
2着ケルンウィナー5
3着タイセイプレゼンス3
11着サノノカガヤキ
コメント
1着後続を引き付けての逃げから直線で突き
放して5馬身差の圧勝だった。馬場状態
や展開に恵まれたという逃げ切りではな
くしっかり伸びている。怖がりで揉まれる
展開になると14着のような前走のように
なるが、揉まれなければ強い。昇級して
も徹底先行を貫けばどこかで好走しそう
だが、人気のある時に信頼できるタイプ
ではない。
2着タイプとしては勝ち馬と似ていて、前で
プレッシャーを受けずに流れに乗ると
好走する。
3着走ったり走らなかったりという成績だが
今回に関してはハミを替えた事が良か
ったよう。口向きに課題があるがハミで
矯正できているのなら今後は安定する
かもしれない。
11着外枠から先行出来た時しか500万下で
好走した事がなく、内枠で揉まれた今
回は仕方がない。つまり今回の上位馬
も人気で凡走した馬も不安定という事だ
が、ある程度のキャリアがありながらこ
の時期に500万下にいる古馬というの
は何か弱点があり、不安定だから中々
勝ち上がれない馬が多いという事。



3月25日(土) 1R 1400m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.2秒

着順馬名タイム
1着ブルーミン1.26.3
コメント
1着調教で抜群に動くので初出走でも4番人気
に推されていたが、調教通りの走りで快勝
した。先頭に立つまでは結構楽で、先頭に
立った時に気を抜いたのか、そこから激し
く追われていたが、初出走なら仕方ない。
気を抜きかけてから追われて伸びたという
辺りが能力の高さの証明でもあり、上の
クラスでも能力は通用するはず。ただ、
この馬に限らずデビューがこの時期まで
遅れた馬では体質が弱いとか何かしら
ある馬が多いので、このレースを使って
反動が出ないかどうかがカギとなる。




馬券Summary
晩成血統エンパイヤメーカー


番組注目馬特別登録
4/2(日) 中山伏竜S ティーラウレア
      格上挑戦だが案外やれそう




ブログランキングにも参加登録してます。
現在70位から120位くらいをウロチョロしてます・・・
↓↓良かったらポチっとお願いします!!↓↓




では今週もお仕事がんばりましょう!!




2017年3月21日放送分「先週の結果分析」の復習

皆さんこんばんわ!!


先週日曜日は阪神競馬場でGⅡ阪神大賞典が行われ、、、

今年初戦のサトノダイヤモンドが勝利!!


ほんとに圧倒的な強さですね。。。


この馬に勝てる馬は今の日本にはいない様な気が・・・


今年一年の活躍が楽しみです!!


最近は忙しくなかなかどっぷり競馬漬けの一日を

過ごせずにモヤモヤしていますが、、、


しっかり復習して、来たる日に備えたいと思います!!





ブログランキングにも参加登録してます。
現在70位から120位くらいをウロチョロしてます・・・
↓↓良かったらポチっとお願いします!!↓↓





では第2回中山第7日・8日の復習からスタートです。

中山芝 
中山ダート
※下記表中の赤文字の馬名表記は今週の注目馬・勝ち馬次走上位候補・
厳選注目馬、青文字の馬名表記は今週の危険馬です。


中山 芝

3月20日(月) 5R 1600m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.5秒
着順馬名タイム・着差
1着キングリッド1.35.1
2着デコラス1 1/4
3着ハイヤーアプシスハナ
7着スマイルフラワー
コメント
1着東京の新馬戦2着の後、休養明けの前走は0.3秒
差の4着。Sペースに折り合いを欠いていた。今回
はHペースの好位直後で掛かる所もなく、内枠も
あり最内をロスなく立ち回れて直線で切れ味を発
揮できた。キングカメハメハ産駒、母のイングリッド
は4戦3勝で引退したように高い能力の持ち主だっ
た。キャリアが浅いだけ伸びしろが大きくて上でも
通用する。距離はマイルがベターで1800mに伸
びるよりは1400mに短縮した方が向きそう。
2着Bランクになった要因は1000m通過57.8秒で飛ば
したこの馬。0.2秒差で自身の完全タイム差がCで
も強い2着ではある。内枠だったし無理に控えると
力む面があるので今回に関してはこれで良かった
のだと思う。牝馬限定でもあっていつ勝っても不思
議ではないが、折り合い面や枠順を含めて距離等
条件は必要。
3着内枠で初出走ながら上手く立ち回れた。メドウヒル
ズ・ハイリリーの半妹で走る血統。410㎏の小柄な
馬体にしては芯が強い印象もあった。馬体維持が
条件だが、将来的には短距離の差し馬として台頭
してくるかも知れない。
7着1番人気。夏の新潟で2着、秋の東京で3着以来の
休養明けだった。前走で減少した馬体が戻って
好気配だった。こちらも内枠だったがスタートが悪
く、巻き返して中位を進んだが、展開が向いた割に
は伸びが一息だった。これまでスローからの瞬発
力勝負で好走してきたのでHペースの競馬が堪え
た可能性がある。次走アタマからの狙いは避けて
考えたい。



3月19日(日) 11R 1800m 3歳OP
スプリングS(GⅡ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.7秒

着順馬名タイム・着差
1着ウインブライト1.48.4
2着アウトライアーズ1/2
3着プラチナヴォイス1/2
4着サトノアレス3/4
5着トリコロールブルークビ
10着モンドキャンノ
コメント
1着1600mのひいらぎ賞はアウトライアーズに
完敗の2着だったが、今回と同じ中山1800m
の若竹賞は強かった。この距離なら逆転も
可能な存在ではあった。その若竹賞は6㎏
増と馬体にも余裕があった。今回調教を強
化して12㎏減。これによって反応が一段と
良くなり、切れ味アップにもつながった。母
の父がマイラーのアドマイヤコジーンだが、
ステイゴールド産駒だし皐月賞の2000m
なら持つのではないだろうか。五指に余る
有力候補に入って来た。
2着ひいらぎ賞同様ゲートをゆっくり出て待機
策。それでも勝ち馬より一頭分前にいた。
先にマクったプラチナヴォイスにつれて外
を追い上げた勝ち馬ウインブライトに対し
て、こちらの田辺Jは中を割った。惰性の
ついた上位2頭に対して、仕掛けが後手
にならざるを得なかった。それでもゴール
前で2着に上がったのは底力。この後は
皐月賞からNHKマイルCの予定だが、
折り合い面からはマイルGⅠの方に魅力
がある。
3着未勝利勝ちがレコードだった。萩Sは完勝
。良馬場の1800mでは底力を見せていな
かった。中団から4C手前で動いていって
一旦は先頭。ここから内にモタれて追い
づらくなったのが痛かったと思う。本番とな
ると気性面と2000m克服に課題が残る。
4着1番人気。馬体は仕上がっていたが、最終
追い切りは少し途上感があった。出遅れも
痛かったが、勝負所の反応に物足りなさが
見られたのは休み明けの為だろう。勿論
叩けば変わってくると思う。ただこの馬も
距離延長に微妙な感触はある。
5着サトノアレスの更に外からでは苦しかった
と思う。枠順も不利だった。ただこの馬は
ステイゴールド産駒でも広い東京の方が
合うと思う。東京のダービーの前哨戦で
注目したい。
10着前半折り合いを欠いて前に行ってしまった
。血統からも1800mは長いと思う。



3月20日(月) 11R 1800m 3歳OP
フラワーカップ(GⅢ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.5秒

着順馬名タイム・着差
1着ファンディーナ1.48.7
2着シーズララバイ5
5着ハナレイムーン
6着ディーパワンサ
コメント
1着勝ち方としては2戦目の椿賞よりも更に楽だっ
た。追わないで流してゴールした時点で新馬
戦に近いものがあった。タイムは前日のスプ
リングSに0.3秒劣るが余力と示した才能は
牡馬GⅡを完全に凌駕していた。完歩が大き
く弾むような走り。個人的な印象としては最初
に見たファインモーションに近いものがある。
初めの周回はテンションが高かったが、すぐ
に落ち着いて返し馬もクリアできていた。
1000m通過1分1秒1のスローにも折り合い
はピタリ。4Cで岩田Jが促すとすぐに反応し
て軽く仕掛けただけ。とにかく従順な気性が
最大の長所であって卓越した能力を発揮さ
せる原動力といえる。未対戦だけにソウル
スターリング以上と言えない面はあるし、
距離を短縮して流れが厳しい桜花賞を考慮
すると楽な競馬しかしていないのがどうかと
いう課題も重箱の隅を突けばある。ひょっと
して皐月賞なら中山内回りを経験している点
がアドバンテージになるのではないだろうか。
とにかく4戦目も必見。
2着1分49秒5.この時計でスプリングSは8着に
相当する。2着から6着まで0.2秒差以内の
接戦でメンバーランクはD。相手がこの程度
のレベルだったのは記憶しておくべきではな
いだろうか。
5着いつもより前につけて伸びを欠いた。初めて
の右回りに馬も戸惑いが見られた。能力の元
値が高いので見直しが必要。
6着馬を良く見えたが結果として長距離輸送を経
ての8㎏増は馬体に余裕があった。能力の元
値が高いので見直しが必要。




3月19日(日) 9R 1600m 古1600万
幕張S
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.1秒

着順馬名タイム
1着キャンベルジュニア1.33.3
コメント
1着1600万下では2度目の勝利。降級後は2走前が
スローに控えて瞬発力の差で3着。前走が早目
に抜け出して内にモタれてハナ差2着と惜敗が
続いていた。今回は1000m通過57秒7のHペ
ース。初めてと言う位完璧に折り合えたし、160
0mも気性的に最も合う距離。弾けて当然の状
況でもあったが、久々に強いこの馬を見たとい
う思いが大きかった。完全タイム差は-0.1秒。
OP特別や少し低調なGⅢの重賞なら勝てる
レベルにはある。ただこの馬にはそれ以上の
上昇値を感じる。一つは豪州産の遅生まれ
であるという事。進化の途中であり高松宮記念
出走のメラグラーナのようにトントン拍子の出
世が期待できるという事。もう一つは今回
536㎏の馬体がまだ太く感じられる事。これが
締まって来て成長力を加味、あと1秒近く時計
を短縮出来たとすればモーリスとなる。



中山 ダート

3月19日(日) 2R 1200m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.4秒

着順馬名タイム・着差
1着ブランメジェール1.12.2
2着バトルサンバ2 1/2
3着セイウンチャーム2 1/2
コメント
1着前回番組注目馬。前走2着は自身タイムランク
C相当だったが、初めての右回りに気を遣って
いる面が見られてもう一度同じ条件なら慣れが
見込めるとして番組注目馬とした。今回は馬体
が絞れ、落ち着きも増して思惑通りの高レベル
入り。500万下でもダートの短距離なら通用し
ていいスピードがある。
2着内枠から逃げて前半は3着馬に、途中からは
勝ち馬にマークされていた。それでも前走2着
に引き続いてCランク相当で粘っている。抜け
た存在いなければすぐに勝てると思う。
3着堅実だがダートの2着2回はDからEのレベル。
今回も2着馬に2馬身半離されてDランク相当
と時計の裏付けに乏しい。元々左に行く癖の
ある馬で今回はバグを工夫して外枠でも極端
に外へ行かなかった。それでこの内容なので
まだ全幅の信頼は持てない。



3月20日(月) 4R 1800m 3歳500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.8秒

着順馬名タイム・着差
1着スターストラック1.54.3
2着ティーラウレアクビ
3着デフィ1 1/2
4着キクノルア2 1/2
5着バスカヴィル3/4
コメント
1着内枠から好位を進み、4Cで先頭のデフィの外へ
進出。直線でこれを交わして一杯に逃げ込んだ。
前走の東京戦でもCランク相当で5着していたが、
未勝利勝ちの中山でパフォーマンスアップに成
功した。完全タイム差は-0.8秒。Aランク一歩手
前の優秀なもの。資質はOPでも通用するが、
内をうまく立ち回ったのも高レベルの要因の一
つ。注目馬としては静観したい。
2着後方から外を上がって行ってラストまでしぶとく
伸びてクビ差の惜敗だった。通ったコースや前
半800m50秒3、後半51秒5の平均ペースで前
が残っても不思議のない展開面からも強い競
馬をしている。まだ3戦目、大きな馬が上昇中
なのも強みで次走も上位候補と見ていい。
3着逃げたカフジグローリーの2番手から粘りこん
だ。Bに近いCランクで未勝利を勝った実績が
あって前走の昇級戦は出遅れて6着止まりだ
ったが、すんなり行けばこれくらいは走る。
完全タイム差は-0.5秒。引き続き注意が必要。
4着1番人気。器用さのないタイプが内枠に入って
苦しい追走となった。伸びては来ていてもう少
し外枠だったらという気持ちもするが、完全タ
イム差-0.1秒は前走3着と同じだった。標準の
時計でないと勝ち切るのは難しいと思う。
5着前走2着時にティラウレアに先着しているが、
当時は低レベルだった。この時計ではここま
でが精一杯。2着馬とは成長力の差が出た
結果だと思う。



3月19日(日) 10R 1200m 古OP
千葉S
タイムランク メンバーランク
完全タイム差±0秒

着順馬名タイム・着差
1着ナンチンノン1.09.9
2着アトランタ2
3着アールプロセス1/2
4着ニットウスバル1
コメント
1着前半600m33秒2は速いが逃げて2着のアトラン
タには無謀なペースではない。ただラスト200m
は13秒1を要していた。すなわち000m通過56
秒8がダート1000m通過の日本レコードに匹敵
する程の速さだった。1着馬と2着馬の2頭はこ
のHペースを2番手・逃げの形から粘りこんだも
の。3着以下の差し追い込み勢には0.2秒以上
の差をつけているのでまずは素直にこの2頭の
強さをインプットしておいた方が良い。1着ナン
チンノンは好走パターンの外枠。
2着条件馬の身で52㎏の軽ハンデでもあった。
1着馬・2着馬とも中山が得意だったこ事も
好走要因だったので次走以降も注意。
3着推定上がり2位タイ。最速で追い込みながら
前2頭が強かった為に差し届かなかった。
ただしOP特別ならいつ勝っても驚けない位
の脚は使っていた。全般に良馬場で今回の
流れでの前々の決着は珍しいのだから次走
は狙いを下げない方が得策。
4着推定上がり2位タイ。最速で追い込みながら
前2頭が強かった為に差し届かなかった。
ただしOP特別ならいつ勝っても驚けない位
の脚は使っていた。全般に良馬場で今回の
流れでの前々の決着は珍しいのだから次走
は狙いを下げない方が得策。



3月20日(月) 8R 2400m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.9秒

着順馬名
3着ダンツエンペラー
コメント
3着ルメールJ騎乗もあって単勝2.7倍の1番人気だ
った。レースはハヤブサライデンが1000m通過
1分5秒5のスローに落として逃げ切ったが、この
2番手を進みながら直線でビレッジゴールドに差
され、アンジュリンブレスにも交わされかけての
0.5秒差の3着は競馬の形態的に強くない。
完全タイム差は+1.1秒。Dランクのレースだが、
小倉の前走にしても2番人気に支持されて結果
はタイムランクEのレースで3着だった。500万
下のダート長距離線はDランクやEランクのレ
ースに出走した馬の争いになりやすく、着順が
良い馬に人気が集まる。それ故に嫌って妙味
ありと判断した。



続いて第2回阪神第7日・8日の復習です。

阪神芝 
阪神ダート 


阪神 芝

3月19日(日) 11R 3000m 古OP
阪神大賞典(GⅡ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-1.2秒

着順馬名タイム・着差
1着サトノダイヤモンド3.02.6
2着シュヴァルグラン1 1/2
3着トーセンバジル2 1/2
コメント
1着本番を想定して余裕残しの馬体と見ていたが、
有馬記念から4Kg増えただけ。馬が賢くて自分
で体を造るのではないだろうか。これまでも大き
な体重の増減がなかった。前半少しペースが
落ち着いた時にハミを噛みかけたが、1周目の
スタンドから速くなって折り合いがついた。シュ
ヴァルグランが動いた4Cの反応も上々だった。
終わってみれば完勝でAランク勝ちした事で
ステイヤーとして揺るぎのない強さを示した。
3歳秋から強くなった事からもこれまでのディ
ープインパクトの牡馬とはタイプが異なる。
天皇賞春だけでなく秋の凱旋門賞も視界良好
となった。
2着JC3着・有馬記念6着の敗因は馬体が立派だ
ったという事で今回は絞る為の仕上げだった。
案の定馬体は10㎏絞れて逆転を目論んだが
本来離さないといけない4Cで2馬身間隔でつ
いてこられては苦しかった。それでも3着馬に
は2馬身半差。ギリギリAランクの走りは見せ
ている。本番でもこの馬体を維持できていれ
ば逆転は難しくても上位は必至だと思う。
3着JC11着以来。仕上がりは良かったと思う。
2強を前において出し抜けの一発狙い。
直線は嵌ったかと思ったが、最後は底力の
差か。この馬自身もBランク相当で距離に
目途も立ったし、重賞を勝てる力は示した。



3月18日(土) 5R 2000m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.4秒

着順馬名タイム・着差
1着アドマイヤアゼリ2.01.8
2着グレンマクナス1 1/4
3着マスターコード3 1/2
7着ジュンハーツ
コメント
1着全兄のロイカバードは新馬戦でサトノダイヤ
モンドの2着。2戦目に勝ち上がったが、弟も
同じ過程を辿った事になる。初戦同様スター
トは遅め、後方待機から勝負所で外を追い
上げて逃げるグランマクナスを捉えて0.2秒
差。完勝だった。母のアゼリはアメリカのダ
ートの名馬。この血を引いて瞬発力には欠
けるが持久力のある脚が信条。補正入りで
ギリギリの高レベルだが、きさらぎ賞3着・
京都新聞杯3着だった昨年のこの時期の
ロイカバード程度の評価は下せるのでは
ないだろうか。高馬なのでダービーに出走
させたい意向。プリンシパルSくらいなら
チャンスがあるかもしれない。
2着デビュー戦3着は経験馬相手に2400mの
長距離を選択。素質の一旦は疲労していた
が、2戦目で状態がパンとして距離短縮で
パフォーマンスを上げた。逃げて前半1000
m1分1秒0は未勝利クラスの2000mでは
緩くはない。勝ち馬とは決め手の差で3着
馬には0.6秒の差をつけていた。母父タピ
ットのディープインパクト産駒。ランクはC
となるが、まだ上積みも期待できるので
次走はチャンスだと思う。
3着2走前の重馬場でマイスタイルの2着。Bラ
ンク相当で走っていた。前回そして今回と
前半の行き脚が鈍く感じられるが、それでも
今回は直線でしぶとく伸びてきた。ハービン
ジャー産駒で気難しさはあるが、勝てるだけ
の潜在能力は秘めている。
7着デビュー戦の前走経験馬相手に3着。1秒3
差をつけられたが、アドミラブルの勝ちタイ
ムはAランク。しかも出遅れながら自身Bラ
ンク相当で走っていた。2戦目でスタートは
出たが、3・4Cde馬群に包まれて一旦は最
後方近くまで下がっていた。ただしそこから
広い場所に出すとラストは伸びていた。
まだパドックで前肢の出が硬くて完成途上
の気配だった。今回内回りに替わって揉ま
れ競馬も影響した。長い目で見たい一頭。



3月19日(日) 9R 1400m 古1000万
山陽特別
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.7秒

着順馬名タイム・着差
1着アポロノシンザン1.20.5
2着ショウナンタイザン3 1/2
コメント
1着前半600m34秒8、後半600m34秒1、流れは
前半が遅いがそれだけ溜めが利いて終いの
反応も抜群だった。逃げて上がり推定は最速
なので後続が離されるのも無理はない。昇級
戦の前走は好位に控えて外々を回されていた
から、現状は逃げる戦法がベストなのだと思
う。アタリのいい福永Jの騎乗も功を奏した。
ランクはあと一歩でAの高レベル。1600万下
でもこの形なら通用すると思う。
2着勝ち馬とは3馬身半差。ただしこの馬自身3着
馬には2馬身半の差をつけていた。前走に続
きCランクの2着だが完全タイム差は+0.2秒か
ら-0.1秒へと向上していて標準レベルの勝ち
時計ならいつでもチャンスは来る。



3月18日(土) 11R 2000m 3歳OP
若葉S
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.3秒

着順馬名タイム・着差
1着アダムバローズ2.00.3
2着エクレアスパークルハナ
3着インヴィクタ2
コメント
1着3勝馬で実績は一番だった。ハナを切る構え
だったが、内のタガノアシュラが逃げたので
2番手に控えた。前走から馬に落ち着きが出
た事で集中力が切れなくなっていた。これが
最大の勝因。ハナ差の辛勝に見えても流れ
の厳しさから言えば価値のある内容ではあ
る。勝ち負けは別としても本番でこのような
先行タイプが出走してくれば競馬が締まる。
後は長距離輸送で馬がイレ込まない事だ
と考えている。
2着2戦目だった。デビュー戦はスローで勝ち
時計は遅かったが、同じ阪神2000mで
走破時計を5秒短縮したのだから上々。
ディープインパクトが父の兄のアンタラジ
ー引っ掛かる気性だったが、同馬はハー
ツクライ産駒で折り合いがつくのがいいと
思う。均整のとれた好馬体も魅力で皐月
賞の穴候補と見ていたがまだ出走するか
は流動的との事。
3着ヴィルシーナの母系だがハービンジャー
産駒でタイプ的にはステイヤーと位置付
けていいのではないだろうか。外回り24
00mから今回内回り2000mに替われば
差し届かなかった事も納得できる。青葉
賞あたりで狙いが出てくると思う。



阪神 ダート

3月18日(土) 2R 1800m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-1.1秒

着順馬名タイム・着差
1着ロードソリスト1.52.8
2着ブルックリンソウル1 3/4
3着ミラクルシップ1/2
8着マルカノカガヤキ
10着カフジバッカス
コメント
1着芝3戦後の初ダートだった。ディープインパクト
産駒で祖母はダートグレード2勝のレディバラ
ードで砂適性が高かったと思う。内枠から先行
争いに巻き込まれる事がなく離れた好位を進
んで前が失速した4C手前から上がって行って
完勝。完全タイム差はHペースが元とはいえ
-1.1秒。ダートの中距離なら500万下でも上位
候補。
2着勝ち馬と一緒に上がって行って突き放された
が0.3秒差の2着。Aに近いBランクで前走3着
から大幅に内容を上げてきた。短期放牧の効
果と速い流れで馬が遊ばなかったことが大き
勝ったと思う。この状態が維持できれば次走
も期待していいのではないだろうか。
3着2着馬に半馬身差でこの馬までがBランク
相当。前走10着はブリンカーが逆効果。今回
はそれを外した事がプラスに働いたが、それ
までの成績も詰めの甘いものだった。この馬
は鵜呑みにしない方がいいかもう一度様子を
見たい。
8着1番人気3頭の競りから一歩引いたがそれで
も新馬2着と比較すると激流に遭遇した事に
なる。キャリアの浅い馬には可哀想な競馬と
なった。落ち着いた流れなら巻き返す素質は
ある。
10着今回がデビュー戦。内枠で引くに引けなくて
2番人気のメイショウハチクとビッシリ競り合
った。失速は当然。ただ競った相手は早々
と一杯になったのに対して1着馬・2着馬が
押し上げて来るまでは踏ん張っていた。ス
ピードと中身は優に1勝級と推測する。少
し追い不足でもあったので次走一変があっ
てもいいと思う。



3月19日(日) 6R 1800m 3歳500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.4秒

着順馬名タイム・着差
1着タガノディグオ1.52.6
2着クリノライメイ3 1/2
コメント
1着前回番組注目馬。相変わらずスタートは遅い
が今回はマシな方だった。後方待機から3・4C
で外を追い上げて余裕で抜け出して来た。完
全タイム差は-0.4秒でランクはBでもC寄りだ
が、2着に3馬身差の楽勝だったし、クラスが
上がれば流れが速くなって末脚勝負のタイプ
だけに展開が嵌りやすい面がある。ダートで
は8戦2勝2着5回、3着1回と全く崩れていな
いので昇級しても通用しそう。
2着2番手から。2番手が失速して勝ち馬が捲っ
てきた勝負所は押し出される形で先頭に立
った。結構プレッシャーのかかる向きになり
ながらもしぶとい粘りを発揮している。3着馬
には0.2秒差をつけていた。自身の完全タイ
ム差は+0.2秒のCランク。11番人気と人気
がなかったが前走逃げ切った小倉の未勝
利戦も±0秒なので悪くはなかった。まだそ
れほど人気にならないと思うが軽視は禁
物。



最後に第2回中京第3日・4日の復習です。

中京芝 
中京ダート 



中京 芝

3月18日(土) 11R 1400m 3歳OP
ファルコンS(GⅢ)
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.4秒

着順馬名タイム・着差
1着コウソクストレート1.21.1
2着ボンセルヴィーソクビ
3着メイソンジュニアクビ
11着ナイトバナレット
コメント
1着左回り1400mは新馬戦・くるみ賞をノーステ
ッキで連勝して出遅れた京王杯2歳Sでも
4着と底が割れていなかった。シンザン記念
で折り合いを欠いた事から今回はハミを替
えてメンコ着用で臨んだが効果が大きかっ
たと思う。次走はNHKマイルCとすると
1600mをこなせるかどうかが課題なのだ
が、折り合いさえつけば案外やれそうな気
がする。
2着デイリー杯2歳S2着、朝日杯FS3着は逃げ
ての結果。ただ京都1400mの未勝利勝ち
は差して楽勝していて今回は控えて来ると
思っていた。とはいえ位置は勝ち馬より前。
前半600m34秒0のHペースを考えると、
クビ差は強い2着でもある。ダイワメジャー
産駒のレース巧者、マイル路線では安定
した存在として期待できる。
3着好位から一歩引いて直線は最内。一瞬の
差しで一旦は抜け出しただけに惜しかった
と思う。前走5着は交流戦でダートが全て。
1600mは少し長いが、芝の1400m以下な
ら注意が必要。
11着スタートは五分に見えたがその後バランス
を崩して大きく置かれてしまった。そこから
追い上げて脚を使ったが大外では厳しい。
今回の敗戦は基準外と思うが、とにかくス
タートを出るようになるのが急務だと思う。



3月18日(土) 8R 1600m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.2秒

着順馬名タイム
1着ルネイション1.34.2
コメント
1着道中後方からの3頭目。4Cで外に出すと長い脚
を駆使して残り200mを過ぎてから強烈に伸び
て差し切った。1000m通過58秒6のHペース、
展開も向いたとはいえ、レースの上り600m35
秒6を1.6秒上回る推定34秒0の切れ味は凄か
ったと思う。前走中山戦の12着は前が壁になっ
て追えずにゴールインしたもの。又3走前の2着
、2走前の3着は先行したり、途中から動いたり
して決め手をなし崩しに使っていた。田辺Jは
むしろ距離が延びてもとコメントしていていて
1800mも問題はないはず。ただ馬体が減少
気味なのでこれ以上減らない方がいいと思う。
1000万下でも通用すると思う。



3月20日(月) 8R 2000m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.2秒

着順馬名タイム
1着エルプシャフト2.01.3
コメント
1着前走は昨年11月の京都芝2000m、エイシンティ
ンクルの2着して復調を示していたが、背中と腰
に疲れが出て放牧に出していた。しかし調教でも
動いていて小柄な牝馬が10㎏増と仕上がりも良
かったと思う。2000mで前半1000m1分2秒2の
スロー。それでもこの日4戦4勝のデムーロJは
動かないで4C10番手から離れた大外に出した。
ラストは鮮やかに差し切って2着に半馬身差だ
った。レースの上り600m35秒0に対して1秒速
い34秒0.ブエナビスタの半弟にあたるディー
プインパクト産駒がようやく遅れての2勝目を挙
げた。1000万下でも即突破の器であることは
間違いない。



3月20日(月) 12R 1400m 古500万
タイムランク メンバーランク
完全タイム差+0.2秒

着順馬名
3着エイシンミノアカ
コメント
3着前走の小倉戦で次走が未勝利高レベル勝ちの
中京1400mに出走ならと番組注目馬とした。
結果は0.3秒差の3着。あと一歩せめて2着まで
と祈ったが届かなかった。レース前は内枠が少
し心配だった。それよりも出遅れと芝1400mで
前半600m34秒8、後半が35秒0と流れが落ち
着いた事だと思う。ラスト600mの推定は34秒
0。勿論最速だった。二度悔しい思いをした。
自身のタイムランクがDで次走は右回りの
1200mに戻る可能性もあるが、個人的にまた
狙いたい。



中京 ダート

3月18日(土) 3R 1200m 3歳未
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.7秒

着順馬名タイム
1着スプリングゲイル1.12.6
コメント
1着函館芝1000mの新馬戦3着以来3戦して全て
失速。夢中になって行ってしまう気性が災いし
ていた。今回はパッシュファイヤーを着用。
集中力が増した。半兄にダート3勝のアドマイ
ヤドゴールを持つキンシャサノキセキ産駒。
ダートの短距離も適性が高かったのだと思う。
とはいえ、前半600m35秒4の1分12秒6は
同じ日の9Rコンテナが勝った1000万下恵那
特別に0.3秒下劣らないので立派。スピードが
上でも断然だと思うが、今回は外枠も良かっ
た。まだ危ない気性に変わりはないので枠
順やメンバーなど当日のチェックが必要。



3月20日(月) 9R 1400m 3歳500万
沈丁花賞
タイムランク メンバーランク
完全タイム差-0.1秒

着順馬名タイム・着差
1着スターカットダイヤ1.25.3
2着イイデファイナルクビ
3着トレンドラインハナ
コメント
1着前走の4着は直線で窮屈になる不利があ
った。今回はスッと2番手につけて直線で
逃げるメイショウアリソンを競り落とすと
外から伸びて来る2着馬・3着馬の追撃を
振り切った。強烈な決め手はないがいい
根性をしている。ただOPでは低調な顔ぶ
れになる事が条件となる。
2着小倉ダート1700mくすのき賞が重馬場で
Cランクの2着。今回が良馬場の1400m
でCランクの2着。馬場状態や距離を問わ
ないのは順応性の高さを物語る。極端に
決着時計が遅くならなければ勝機も近い
と思う。
3着次走一番上積みがありそうな馬。ラスト
は一歩づつ差を詰めていてあと50mあ
れば勝っていたかもしれない。前回が4
か月ぶり、順調に出走していた上位2頭
と比較すると不利な条件だったし、前半
は少し掛かり気味でもあった。昨年夏
の新潟の新馬でエピカリスの3着。一旦
2番手に上がりながらも勝ち馬エピカリ
スが強すぎて差された競馬だった。
またこの馬の差して半馬身差の2着に
上がったのが中山1週目の未勝利を
9馬身差圧勝のフェニックスマーク、
叩いていれば負ける事のなかった実
績がある。次走が初の右回りでも1200
mでも狙ってみたい。



馬券Summary
ドバイ国際競走の日本馬
ドバイターフ    芝1800m  リアルスティール △  
                    ヴィブロス     無印

ドバイシーマC  芝2410m  サウンズオブアース ▲

ドバイワールドカップ ダ2000m
                    アウォーディ ▲
                    ゴールドドリーム 無印
                    アポロケンタッキー 無印
                    ラニ   △

サマリー1 



アップが遅くなり申し訳ございませんでした!!


ブログランキングにも参加登録してます。
現在70位から120位くらいをウロチョロしてます・・・
↓↓良かったらポチっとお願いします!!↓↓







FC2Ad